無理なく返済できるための額とは

無理なく返済できるための額とは

ローンやキャッシングを利用したことがキッカケで、借金地獄に進んでしまう人の話を聞くことがありますが、計画的に借りればそのような事にはなりません。まずは、自分が毎月無理なく返済できる金額を知っておくようにしましょう。いくらまで借りられるではなく、毎月の返済額で計算してみて下さい。
まず、借りられる総額ですが、年収の10%程度までが限度だと言われています。年収が300万円なら30万円まで、年収が500万円なら50万円ということです。しかし、これは生活費がどのくらいかかっているかによっても異なるため、一概には言えません。年収300万円あっても月々の返済額が1万円しか取れないなら、何ヶ月返済にかかるか考えなければならないでしょう。借りる金額は少なくても、その間の利子は高額になりやすいのです。これでは返済しても元金がなかなか減らず、更に融資を繰り返す事にもなってしまいます。
では、月々の返済額ではどうでしょうか。これは手取りの10%を考えます。使える金額のうち1割程度が貯蓄または自由に使えるお金と言えるからです。手取りが20万円なら2万円まで、15万円なら1万5,000円までとなります。意外と少ないと感じた方も多いのではないでしょうか。でもこれが無理なく返せる金額なのです。